ベストコンディションをキープするための「食事力」

ちゃんと食べてますか?

食事を疎かにしてませんか?

暴飲暴食してませんか?

それによってコンディションを崩してませんか?

昔「あなたの体は、あなたが食べたものでできている」みたいな広告がありましたが、その通りだと思います。

「経営者の心技体」の「体」を支える重要なルーティン「食事」について考えてみよう。

経営者として食事に気を付けていますか?

個人差もあるし、好みもあります。そもそも「食事」とはそういうものであり、ボクもそちらの専門家ではないので「あれを食べなさい」「あれは食べてはならない」というような「健康アドバイス」するつもりはありません。

ただ「気を付けているか」「無頓着」かについては、感じるところがあるので、いくつかの事例を挙げてみます。

まず、分かりやすいのは、受験生が試験前に食べる「かつ丼」みたいに「縁起を担ぐ」という食事。

経営者としてテンションやモチベーションが上がる食事があるなら、それが少々体に悪いものでもボクは否定しません。同じように「酒」も食事のうちとすれば「酒」によって、頭が冴えて新たなアイデアが湧き出てくる、とすれば我慢する必要はないと思います。ボクもよく「勢い」をもらっていますからw。

ただし!

「牛丼」を食べればテンションが上がるといって、毎日「牛丼」ばかり・・・

アイデアが出るからといって毎晩「深酒」・・・

それでリバウンドがなければいいのですが、「牛丼」のあと、胃もたれでパフォーマンスが落ちる・・・「酒」の翌日は二日酔いで仕事にならない・・・ということならば、それぞれ「食べる言い訳」「飲む言い訳」でしかなく「食事力」は低いと言わざるを得ません。

健康管理は経営責任と自覚していますか?

「食事」と「コンディション」の関係を自分自身で把握できていますか?

  • 何を、いつ、どれくらい食べれば、ベストコンディションをキープできるか知っていますか?
  • 自分にとってベストな食事スタイルを習慣としていますか?

「想い通り経営」を実現するためのベストコンディションに大きく影響する「食事」。ベストコンディションをキープするための食事は、まさに「健康管理」のひとつの方法です。食事による健康管理は経営責任だ、という自覚が大切ですね。

いつも元気な経営者のこだわりの「食事力」

ちなにに「食事力」が高いな、と感じさせてくれる経営者を観察していると、共通して「こだわり」を持っています。グルメとか美食家と言われる人たちの「こだわり」とはちがって、健康管理としての食事の意識が高いことがうかがえます。今まで出会った経営者の食事で「ボクもマネしよう!」と思った「こだわり」をいくつか紹介しましょう。

必ず朝食を食べる

「やっぱりな」と思います。共通して「朝はしっかり食べてる」という経営者が多いものです。かくいうボクも朝食を抜くとその日のパフォーマンスは良くありません。「朝は食べない方が調子が良い」という経営者にも時々出会いますが「経営状態は?」と意地悪な観察をすると残念なことが多く、こちらも「やっぱりな」と思うことがしばしばです。あくまでも確率ですが不思議なものです。

好き嫌いがなく、偏らない

「偏らないこと」にこだわっている経営者も多いと感じます。意識をしなければ、ついつい好きなものに偏りがちですが、「食事力」高いな、と思わせる経営者は食のバリエーションが豊富な印象を受けます。

体重をキープしている

ベストコンディションは、体重と密接な関係があります。「食事力」を感じさせる経営者は、日々体重をチェックし、自分自身のベストをキープするように食事の量や内容に配慮しているものです。(痩せすぎ・太り過ぎの話ではありません。念のため。)

アスリートの「ベストのための神経の使い方」

球技や格闘技など様々な種目がありますが、総じてアスリートは食事に神経を使っているようです。

スタミナをつけるため、瞬発力をつけるため、体重を落とすため、体を大きくするため、試合前のルーティンなど、目的に応じて、食事もトレーニングの一つとして様々な工夫をしている、と言う話をよく聞きます。また、男性アスリートの奥さんの献身的な料理の気遣いも時々TV等で紹介されたりしていますよね。

その食事内容も参考になりますが、最も見習いたいのは「ベストのための神経の使い方」です。その「考え方」や「生活スタイル」が最も参考になります。

まとめ

ちなみに、ボクは「体形」「体重」は健康の基本と信じ、そのための食事に留意しているつもりですが、何がベストなのか?は、人それぞれなので前述したように「こうするべき」と提案するつもりはありません。

伝えたいのは「人として」ではなく「経営者として」。

責任あるリーダーとして、ベストコンディションをキープするための食事にこだわってほしいと思います。

お役に立ちますように!

【このブログについて】「若手経営者のための経営支援ブログ」