「体の課題」を発見することは大切な経営スキル

自分のコンディションを正しく把握していますか?

言うまでもないですが、ベストコンディションをキープするためには「早期発見・早期治療」が大切ですよね。

ボクはこのブログで「想い通り経営」は「経営者の心技体」が大切と説いてますが、まさに「体」の話です。

「点検力」が足りないのは「無責任」

想い通り経営は、経営者のベストコンディションが前提条件です。どんな仕事も「体が資本」なのです。

まさに「心技体」の「体」。

「点検力=自分の状態を定点観測し、体の課題を正しく早期に発見すること」は経営者の義務でもあり、責任でもあり、それを継続することはスキルでもあります。

規模の大小にかかわらず、経営者はチームのトップリーダ。経営者に万が一があったときの「代行」や「サブ」が常に控えているのはレアケースであり、ほとんどは「親方こけたら皆こける」という会社が多く、特に若い会社ほどそのリスクを抱えているものです。「社長代行」がいないなら、経営者は「こける」わけにいきません。

ちょっと脱線しますが・・・かつて「入院したけど、会社はビクともしなかったよ」と自慢している経営者がいました。その事例から大切な教訓を得たので、2つの例を紹介しましょう。

その一つは「ビクともしなかった」と感じているのは経営者だけで、残された社員はてんてこ舞いで大変だったといいます。社長不在の期間、なんとか彼らが支えたのです。それを「ビクともしなかった」と言い放った経営者は、その後一気に求心力を失いました。「大変な思いをさせたね、ありがとう」が言えなかった経営者です。

もう一つは「その経営者は、現場ではジャマな存在だった」という笑えない話。いちいち現場の仕事に過剰に口出しするタイプだったので、経営者がいない間は仕事がいつも以上にスムースに進んだとのこと。ある幹部社員の言葉が印象的でした。「社長、元気で留守が良い」。

この2つの事例は「点検力」以上に深い別の課題がありますが、参考までw。

ベストコンディションをキープするための3つの大切な視点

ベストコンディションをキープしている経営者を観察すると「責任感」「早期発見」「早期治療」の3つのキーワードに気付きます。

責任感

まず最初は「責任感」。

チームのトップリーダーとしての責任を正しく認識している経営者は、自分のコンディションをベストにキープすることも経営責任であるという意識が高いものです。

早期発見

早期発見にデメリットはありません。手遅れは時間のロスに留まらず、致命傷になることさえあります。自信過剰が一番の敵。自覚症状が出てからでは遅いという病もあります。ベストコンディションをキープしている経営者は「早期発見」を意識し、日常から体温や体重、血圧などを測定し、また、年1回の人間ドックは欠かしません。

手前味噌になりますが、ボクはある経営者にヒントをもらって、以前は不定期だった「人間ドック」を最近は「誕生日ドック」にしています。新しい年を迎える前に全身ドックを受けてリフレッシュするのが習慣となりました。できれば「主治医」に定点観測をしてもらうことがおススメです。自分の「クセ」を知ってもらって変化を教えてもらい、生活習慣の改善アドバイスをもらう、また、異変の自覚症状があれば電話一本で対応してもらえる、というような環境を作ることは経営責任であると思って継続しています。

早期治療

クドイ説明はいらないと思いますが「先送りしない」という意識と行動です。「治療」ではなく「予防」の意識も大切ですね。シンプルにベスト体重をキープする、ということだけでも「予防効果」とすれば大切なことだと思います。

まとめ

さて、どうですか?

あなたはベストコンディションをキープするために何をやっていますか?

体のチェックは「自分の健康のため」であることは当然ですが、加えて、経営者である以上「体の課題」を発見することは大切な経営スキルなんだ、という視点で考えてみてくださいね。

今日も元気で励まれますように!

【このブログについて】「若手経営者のための経営支援ブログ」