貸し倒れのない会社の経営者のスゴイ考え方

貸し倒れのない会社の経営者の後ろ姿

私がまだ20歳代の若い時に出会った、ある経営者の話しを紹介しよう。

その経営者のスゴイ考え方に驚いた思い出だ。

「うちはね、焦げ付き=貸し倒れが、ゼロなんだ」
「へ~、いいお客様に恵まれておられるのですね」
「いや、違うよ」
「?」
「時には、踏み倒されることもあるよ」
「???」

この経営者は、会社の「売掛債権」について「個人保障」している、とおっしゃる。つまり、経営者個人が売掛金回収について「保障」している、ということだ。もし、貸し倒れが発生すれば「私財」で穴埋めしているという。

「だから、会社の貸し倒れはない!」

と、言い切られた。清々しさすら感じた。

話を進めると、

「社長だから、全責任は私にあるんだよ。」
「その取引を決済したのは、私だ。」
「その取引を社員に任せたのも私だ。」

と、次々と「覚悟の言葉」が続き、まだ20歳代だった自分は「カッコイイな~」とも感じてたことを思い出す。

あれから30数年経った今、「貸し倒れがない理由」は、経営者が穴埋めしているからという、数字の話しではなく、このような経営者の考え方が、そもそも、貸し倒れを発生させないのだ、と思う。

若い経営者に伝えたいのは「焦げ付いたら自腹を切れ」ということではなく、このような「経営者の責任力」が「想い通り経営」の実現に大切ということ。

私がこの「貸し倒れのない会社の経営者のスゴイ考え方」に学んだことは大きかった。