「経営者の学習力」必要な学習を継続する習慣のチカラ

いろいろ勉強しないとな・・・と思いながら、ついつい後回しにしてませんか?

「想い通り経営」に必要な「経営者の心技体」。ここでは「技」の中でも基礎スキルの大切な一つ「経営者の学習力」について考えてみましょう。

経営者として優先的に身に付けるべきことは何か?

「心技体」の「技」は、「基礎スキル」と「経営スキル」の2つに分けています。
「基礎スキル」は、経営者に限らず、すべてのビジネスパーソンに共通する必須スキルです。(基礎スキルの一覧はこちら

心技体

その一つである「学習力」は「成果を得るために必要な学習を継続する習慣のチカラ」です。

このスキルは、経営者でなくても、ビジネスパーソンなら誰にでも必要なチカラですが、日々変化する経営環境に応じてアップデートが必要な経営者には特に大切なスキルであることは言うまでもありません。「そんなこと、言われなくても勉強してるよ!」という声が聞こえてきそうだが、敢えて「技:基礎:8選」に加えました。

日ごろ、若手経営者のコーチングや、トレーニングをしていて気になるのは「優先順位」です。

いろいろなセミナーに参加したり、読書をしたり、多くの経営者は学習していますが、どうしても好きなことや、興味のあることが優先されませんか?かく言うボクも恥ずかしながら、その傾向があります。自戒を込めて言うと「最優先課題から学習すべし」です。

優先順位は、個々の状態や環境によって異なりますが「経営者として優先的に身に付けるべきことは何か?」という視点を忘れてはなりません。

忙しくても学習を続ける経営者に学ぶ大切な2つの視点

この「学習力」が優れている勉強熱心な経営者には大切な共通点があります。そのキーワードは「責任感」と「習慣」。この2つの視点について自問自答してみてください。

経営者としての責任感

まず、最初は「責任感」。

組織のトップとして必要なスキルの「何か」が不足しているのであれば、それが最優先です。トップとしての責任感が強ければ強いほど、その「焦り」が学習を後押しします。

例えば「会計」。会社の大小に関わらず、自社の「試算表や決算書を読み解くチカラ」は必修科目です。帳簿を整理したり、データを入力したり、そのような「経理実務」は経理の担当者や、税理士事務所に任せておけばいいのですが、アウトプットされる試算表や決算書を読解できない、とすれば経営者としていかがなもんか?です。

ボクの30年以上の税理士経験から思い出すのは「責任感」の強い経営者は質問が多いこと。わからないことはどんどん質問してくれるので、そのような経営者の「会計力」は、どんどん向上し、数字に強い経営者として成長してくれました。

「経営者として決算書が読めないのは恥ずかしい」と言った若い経営者がいました。そのとき、「会計」がどうのこうのということではなく「経営者として恥ずかしい」というマインド、「経営者としての責任感」を感じたものです。

学習が習慣となっている

もうひとつのキーワードは「習慣」。

文字通り「学習習慣」です。勉強熱心な経営者は「時間があれば学習する」ではなく、学習時間をあらかじめ定期的にスケジューリングしています。「毎日、寝る前に1時間読書する」「ビジネススクールに通っている」「経営者仲間との定期的な勉強会に参加している」という具合です。

学習することが生活のルーティン=習慣になっている経営者は共通して「心技体」のポイントが高いものです。

経営者として「学習力」が優れていることの幸福

「経営者の学習力が優れている」とは、どういう状態なのか?

経営者としての責任を果たすための自己投資を習慣化し、持続的に成長している状態

本質は、このような自分の状態を「心地よいな~」「幸福やな~」と感じる「心」を持っているか?です。

忙しくても継続する自己投資」が「建前論」「理想論」と感じて、それより「できない言い訳」「やらない言い訳が頭に浮かぶようであれば残念ながら「想い通り経営」は実現できません。

「経営者の学習力」は、「想い通り経営」に不可欠な「技(基礎スキル)」としてとても大切なチカラの一つです。

まとめ

経営者の学習力「成果を得るために必要な学習を継続する習慣のチカラ」を紹介しました。

大切な視点は、「責任感」「習慣」。

「想い通り経営」を実現するための「経営者の心技体」のなかの大切な1つです。経営者の「考え方」が変われば、「行動」が変わり、必ず望ましい「結果」に変わります。是非、参考にしてみてください。

お役に立ちますように!

【このブログについて】「若手経営者のための経営支援ブログ」