【内部留保】まずはキャッシュ1億円を目指そう!

中小企業の内部留保の考え方を紹介しよう。必達ラインは、キャッシュ1億円だ。毎期500万円を20年間積み重ねる?それとも、毎期1000万円を残して10年で達成する?一緒に考えてみよう!

今、会社を解散し清算したら、キャッシュはいくら残るか?

「今、会社を解散し清算したら、キャッシュはいくら残るか?」

少々極端な質問かもしれない。しかし、会社経営をしている責任者として知っておく必要がある。

いわゆる「相続税評価額」などではなく、最も生々しい数字である「換金価値」での清算価値を計算してみよう、という提案である

「現ナマベース」での価値を計算する。方法は極めてシンプルだ。

  • すべての資産を現金に換える。
  • すべての負債を支払いきる。

さて、いくらの「現ナマ」が手元に残るか?である。これが会社の換金価値であり(相続税を気にしないならば)多ければ多いほど良い、というのが一般の考え方である。

オーナーの資産形成、というより、経営基盤の強化

このように「現ナマ」と繰り返すと、ついつい、株主でもあるオーナー経営者の資産形成、といったイメージが強くなりそうであるが、そこは「経営」に視点を戻そう。

ここで説明する必要はないと思うが、現金に裏付けされた内部留保が潤沢にある、ということは、とりもなおさず「財務基盤が厚い」ということである。

  • 銀行に神経を使うことなく、自己資金でアクションを起こせる
  • 多少リスキーな選択肢であってもチャレンジすることができる
  • 自然災害など、想定外の事象に遭遇しても簡単に揺るがない
  • 回収に時間がかかるものでも投資力がある

など、ざっと挙げてみても様々な「強味」を持つことができる。

目標としての実質純資産1億円!

「経常利益は前期比の2倍を目指す!」 というように、多くの経営者は「目標利益」を持っている。しかし、その「理由」「根拠」を聞くと意外と説得力のある回答が返ってこない。

ここで、提案であるが「実質純資産=換金価値」を目標にしてみたらどうだろうか?

例えば「目標、実質純資産1億円!」というように。キャッシュで裏付けされた内部留保が潤沢にあると、心の余裕はもちろん、上記のような「強味」を発揮することができる。

最も単純に計算するなら、実質純資産を1億円のために税引後利益1000万円を10年続ければよい。10年は長すぎる!5年だ!ということであれば、税引後利益を2000万アベレージで続ければよい。もちろん、注意しなければならないのは「せっかくの利益で換金性が劣る資産を取得しない!」ことであることは言うまでもない。

まとめ

キャッシュに換えられるものは、すべて換金し、その資金で負債を完済する。その結果、手元に1億円の「現ナマ」が残る。

どうだろうか?1億円ではテンションは上がらない、という人もいるだろうし、反対に、1億円もいらない、という人もいるだろう。ここの「1億円」は例示に過ぎない。この「1億円」が自由に読み替えてもらえばよい。

大切なことは、経営者は自社の「現ナマでの内部留保」を知り、それが十分なのか?不足しているのか?を把握しておくことが大切である、ということが伝わればよい。

キャッシュで裏付けされた内部留保である「実質純資産」を目標にすることきっかけに「経営計画」に取り組んでみることもお勧めである。むしろ、生々しい具体的な目標設定によって、テンション高く取り組めるのではないだろうか?

お役に立ちますように!