経営計画は、あなたの人生計画だ!

この記事のポイント

経営者にとって「経営計画」は、会社と関わる人たちを、どうやってハッピーにするか?という計画に他ならない。誰でも、楽しい!面白い!って感じながら人生を送りたい。だから「経営計画」は「人生計画」でもあるのだ。

会社経営の目的は「幸福」

想い通り経営」とは「自社に関連する人々の幸福のため、経営者の想い通りの会社経営が持続している状態」である。

カッコつけずにシンプルに言うと、会社経営が「楽しい状態」であり「面白い状態」だ。

会社経営の目的は「幸福」だ。ほとんどの経営者は「幸福になりたい!」から会社を経営している。会社を経営して幸福になりたいのだ。

そのために「実現したいこと」は大きく二つに分けられる。計画するひとつは「満点を目指したいこと」、もうひとつは「合格点を目指したいこと」だ。

満点を目指したいこと

今の状態でも合格点をクリアしているが、さらに満点を目指したいことは何か?。幸福度を増すために何がしたいのか?例えば・・・

  • さらに売上を増やしたい!
  • さらに品質を上げたい!
  • さらに人材を育成したい!
  • さらに手元資金を増やしたい!
  • さらに役員報酬を上げたい!

というような前向きな課題解決である。

合格点を目指したいこと

諸問題を抱えており、決して幸福とは思えない状態=合格レベルに達していないこと=合格点を目指したいことは何か?。例えば・・・

  • 人手不足を改善したい
  • 競合に負けている品質を改善したい
  • 良くない待遇を改善したい
  • いつもギリギリの資金繰りを改善したい
  • 赤字から脱出したい

というように合格点をクリアしていないテーマの課題解決である。

経営計画は「経営課題解決計画」

「満点を目指したいこと」も「合格点を目指したいこと」も、どちらも「経営課題(=あるべき姿-現状)」である。この「経営課題を解決したい!」と思った時が「経営計画」を作る時だ。「経営計画」は、言い換えると「経営課題解決計画」である。

参考「経営者の課題解決力

経営者の心技体「技(基礎スキル)」のひとつ。現状とあるべき姿を言語化することで課題を明確にし、優先順位を付けて、その解決のために行動しするチカラ

(課題の方程式=あるべき姿-現状)

経営者の課題解決力

経営課題を解決するために、各テーマごとに

  • :どのような状態にしたいのか?=ゴールを設定し
  • :どうすれば実現できるのか?=シナリオを具体化し
  • :だれが担当責任者なのか?=キャスティングする

これが「経営計画」だ。当たり前であるが、誰が見ても「実現が目に浮かぶリアリティ」がポイントだ。

例えば「人手不足を解決するために求人広告を打つ」というような表現を見かけることがある。求人広告を出せば人手不足が解消できる、と誰もが思えるなら合格だ。しかし、求人広告だけで本当に解決するの?と思われるようではリアリティーがない計画、ということになる。

参考「経営者の達成力」

経営者の心技体「技(基礎スキル)」のひとつ。正しく計画を立案し、正しく実行・行動して必ず目標を達成するチカラ

(計画達成の方程式=正しい計画×正しい行動)

「経営者の達成力」

「望む結果」のために「考え方」「行動」はどうするのか?

ここで紹介している「経営計画」は、銀行に提出する「予算」や「利益計画」「資金繰り表」とは違い、ゴールである「経営者自身が望む結果」のための「行動計画」である。

  • 「すでに面白いこと」は「もっと面白い結果」に
  • 「すでに楽しいこと」は「もっと楽しい結果」に
  • 「面白くないこと」を「面白い結果」に
  • 「楽しくないこと」を「楽しい結果」に

どうすれば「今の状態」を変えることができるか?

(結果)=(考え方)×(行動)だ。

「考え方は今のままでよいのか?変えた方がよいのか?変えるならどのように変えるのか?」

「行動は今のままでよいのか?それとも変えた方がよいのか?変えるならどのように変えるのか?」

これを明確にしなければならない。つまり、「望む結果」のために「考え方」「行動」はどうするのか?だ。

3つのグループで整理する

会社経営の本質的な目的

G1:お客様・取引先
G2:社員とその大切な人々
G3:自分と大切な人々

多くの経営者が賛同する「幸福」な状態。それは「自分の周りが幸福であること」。

  • お客さんが喜んでいる!+取引業者さんが喜んでいる!
  • 社員が喜んでいる!+社員の大切な人も喜んでいる!
  • あなたの大切な人も喜んでいる!

つまり「3つのグループ」のみんなが喜んでいる、楽しいと思っている、面白いと思っていると経営者は本当にうれしくなるものだ。だから・・・

  • もっとお客さんに喜んでほしい!+もっと取引業者さんに喜んでほしい!
  • もっと社員に喜んでほしい!+もっと社員の大切な人にも喜んでほしい!
  • あなたの大切な人に、もっともっと喜んでほしい!

と思う。反対に・・・

  • お客さんに迷惑をかけていて・・・
  • 取引先に無理をさせていて・・・
  • 社員に余計な負担をさせていて・・・
  • 自分の家族を犠牲にしていて・・・

申し訳ない気持ちで「楽しくない」「面白くない」と心を痛めていることもあるかもしれない。

会社経営の結果は「3Gの誰か」に関連している。課題は3つのグループの「誰か」に関連付けて整理するとよい。

「もっと幸福になってもらうために」あるいは「幸福でない状態を解消するために」自分の「考え方」と「行動」のどこに課題があるのか?それをどのように変えれば解決できるのか?だ。

これを「徹底的に考え抜く」とウソのようにスラスラ経営計画が完成するはずだ。

「そんな綺麗ごとで経営は無理だ!」って思ってるだろうか?

これは「綺麗ごと」ではなくて「想い通り経営」をしている経営者から見れば「当たり前」「当然」のことなのだ。

まとめ

以上、「経営計画」について紹介した。経営者にとって「経営計画」は、会社と関わる人たちを、どうやってハッピーにするか?という計画に他ならない。

お客さん、取引先、社員、それぞれの大切な人、そして、あなたにとって大切な人々を不幸にしない計画、幸福にする計画・・・これは、あなたの「人生計画」にもなるはずだ。日々、楽しい!面白い!って感じながら人生を送りたい。そんな視点で「経営計画」を考えてみてほしい。

お役に立ちますように!

【このブログについて】「若手経営者のための経営支援ブログ」