【経営者の孤独】解放されることはないが、軽減はできる

「経営者の孤独」は、どんなに時代が変わっても定番のテーマだ。この「経営者の孤独」について、まとめておこうと思う。

さて、あなたもそうかもしれないが、中小企業の経営者の多くはオーナーでもあり、どんなに大きな会社であっても、ただひとり、唯一「転職できないポジション」だ。そんなポジションゆえか、多くの経営者は「孤独を感じた経験」がある。ボクも、1999年に独立開業したその日から「孤独」をよく感じたものだ。

ビジネス上の孤独

「孤独」は「性格」や「考え方」が大きく影響するので、本人が「孤独」と思えば、それは「孤独」なのだけど、まずはこの記事においての「孤独」について定義しておこう。

ちなみに、ボクは「独りぼっちで心寂しい状態」を「孤独」と定義しているが、このブログは若手経営者のために書いているので、ここでは「プライベートな孤独」ではなく「ビジネス上の孤独」に限って整理しよう。

経営者は孤独から解放されることはない

あくまでも私見であるけど、ボクは「経営者は孤独から解放されることはない」と思っている。

多くの仲間や社員たちと一緒に仕事し、喜びを分かち合い、たとえば「打ち上げ」なんかで騒いでいるとき、それなりの幸福感を感じ、孤独から解放されたような気持になる。しかし、一人に戻ると、また孤独に引き戻されてしまう。

ボクは、オーナー経営者の「宿命」と思ってる。「宿命」とは「前世から決まってた」というような意味らしいが、それくらい「避けられない」「変えられない」ものだと思ってる。「孤独」は「経営者になる」と選択した時点でついてくる、セットだ。

仲間の経営者や、コーチをしている若手経営者には「そんなに孤独が辛いなら社長を辞めるしかないよ。セットだから。」と冷たく言い放つこともある。

ボクは、独立して間もない30歳の頃、落ち込んでいるときに、ある友人から忠告されたことを今でも鮮明に覚えている。

堀井、孤高になれ!

今、思い出しても「名言」と思う。30歳そこそこの若造の言葉とは思えないくらい「本質」を突いていた。ちなみに「孤高」とはウィキペディアには、次のように説明してある。

孤高とは、個人の社会生活における1つの態度を表し、ある種の信念や美学に基づいて、集団に属さず他者と離れることで必要以上の苦労を1人で負うような人の中長期的な行動とその様態の全般を指す。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AD%A4%E9%AB%98

この説明をボクなりに解釈し、言い換えると

孤高とは、経営者のひとつの態度を表し、自分の信念や美学に基づいて、他者に頼ることなく、全責任を1人で負う覚悟を持って、思考し、行動する様態を指す。

だ。

この「孤高」は、究極の「孤独」だと思う。つまり「孤高」になることで「孤独」から解放されるどころか、ますます「孤独」になるが、要は「覚悟」だ。その友人の「堀井、孤高になれ!」というアドバイスは、孤独を受け入れ覚悟することができた瞬間だった。

言い換えれば「結果として孤独になってしまった」のではなく、「自ら孤独を目指す=孤高」という心の持ち方なのだ。

ビジネス上の孤独は「支持率の低さ」が原因

ボクは前述したように「孤独」は「独りぼっちで心寂しい状態」だと定義しているが、この「心寂しさ」は、ビジネスに限れば「支持率が低い状態」だと思ってる。

経営者は、規模の大小はあっても「組織のトップリーダー」である。この「組織」には、社内=社員達以外にも、外注先などのビジネスパートナーも含む。

トップリーダーは、目指すゴールを設定し、その実現のために社内外に指示・命令・依頼する立場だけど、このときに「社内外の支持率」が「経営者の孤独」に大きく影響する。

指示・命令・依頼が正しく伝わり、その結果、自分の要望や意図に従って正しく実行されるかどうか?

社内外の支持率が高い経営者なら、その実行レベルのストレスは大きくない。しかし、支持率が低い経営者の場合は、その実行レベルに大きなストレスを感じることになる。

「違うだろ!」「何度言わせるんだ!」「言ったとおりにやれよ!」と益々悪循環に陥る悲しいフレーズで威圧しなければ実行されない、という場面を見ること、また、その愚痴を聞かされることがよくある。

挙句の果て「自分の支持率」を顧みることなく、社員やビジネスパートナーのスキルに問題がある、と勘違いが続くことで益々支持率が低下し、その経営者から人が離れていく・・・。

その結果、強烈な孤独感に襲われることになる。

少々「大げさ」に書いたが「心当たり」はないだろうか?

孤独を軽減することは可能だ

もうお気付きだと思うが「孤独」から「解放」されることはないが「軽減」することは可能だ。

その通り・・・「支持率」を上げればいい。

ボクは、孤独な経営者には「支持率を上げるために経営者の社会力を見直すこと!」とアドバイスすることにしている。「支持率」が低い経営者を観察していると「社会力」が低いことが原因であることが多いから。

「経営者の社会力」とは「社会から認められ、期待を集めるチカラ」であるが、この定義に沿って表現すると「社会力」が低いというのは「社会の期待が低い状態」だ。「どうせ、あの経営者には期待できない」という何とも厳しく寂しいフレーズ。つまり、周りから見たその経営者は「支持できない」のだ。

(参考記事)
「経営者の社会力」社会から認められ、期待を集めるチカラ

どうすればよいか?

  • 社会の一員としての自覚を自問自答し、改める
  • 社会貢献の意欲や使命観を自問自答し、改める
  • 社会の秩序を乱さないという道徳観や倫理観を見直し、改める

ということを自問自答、熟考すること。

経営者でなくても「自分ファースト」な人は、善良な他者に支持されることは期待できない。せいぜい「るいとも」で「自分ファーストな人たちの集団」を形成することになるだけだ(が、彼らはボクの仕事の対象ではない:笑)。

説明の都合上、少々「大げさ」に書いているが「孤独な経営者」は大なり小なり「支持率」に課題を抱えていることには大差はない。

  • どうすれば、社員の支持率を上げることができるか?
  • どうすれば、ビジネスパートナーの支持率をあげることができるか?
  • どうすれば、協力者や応援者を増やすことができるか?

これらを自問自答し「考え方」を改め「行動」を変えることで「結果」として支持率が回復すれば、それに応じて「孤独感」は軽減される。

決して「孤独」から完全に解放されることはないが、周りの人達から支持され、期待され、応援されることで、大きく軽減することは十分可能である。

経営者の心の強さは考え方の差

孤独と関連して「心の強さ」について補足しておこう。

32の心技体のひとつに「体:経営者の強心力」がある。これは「ストレスを上手にコントロールする心のチカラ」だけど、少々厳しいことをいうと「ストレスは未熟な心が原因」がほとんどだ。

「心が強い」というのは、耐え忍ぶ根性とか我慢や辛抱のことではなくて「正しく考えること」なのだ。気になる方は「経営者の強心力」もあわせて読んでみてほしい。

まとめ

「経営者の孤独」について、ボクの考えていることを整理してみた。賛否両論はあるかもしれない。また、いずれボクの考え方が変わってこの記事を書き換えることがあるかもしれない。しかし、現段階でボクが考えていることであり、この考え方に基づいて、日常のマネジメントコーチの仕事をしているので書き留めてみた。

結論は「支持率を改善して、孤独感を軽減する」。「孤独」を「他責」にしている間は軽減されることはない。むしろ、益々孤独感が増すばかりだ。孤独の原因を「自責」に求め「考え方」と「行動」を変えることで「結果」は必ず変わる。

お役に立ちますように!

(参考記事)
「考え方」と「行動」を変えれば「理想の結果」に変わる