「経営者の素直力」相手を受け入れる大きな器のチカラ

ちっぽけな意地や見栄、プライドが邪魔をして損をしてるなあ、と感じることはないだろうか?「素直になれない自分」だ。

「想い通り経営」に必要な「経営者の心技体」。ここでは「心」の中の大切な一つ「経営者の素直力」について、その大切さと、改善のヒントを紹介しよう。

「素直力」が足りない経営者に起きる3つの不都合なこと

「相手が言ってることも一理あるな・・・」とか「自分は間違ってるな・・・」とか「ホントはもっと仲良くしたいな・・・」とか、心の中では分かっているのに、反論してみたり、自分の非を認めることができなかったり、また、照れくさいのかツッケンドンな態度を示してみたりすることはないだろうか?そんな意地を張ったところで何の得もないことを分かっているのに・・・。

「心技体」の「心」、その中の大切な一つである「素直力」が足りてない経営者ではないだろうか?

「かわいげ」があれば周りも微笑んでくれるかもしれないが、多くの場合は「うちの社長、素直じゃないな・・・」と裏で溜息をつかれているものだ。意地を張ることで「威厳を演出しているつもり」という症状の重い経営者までいる。

素直力」は「意地や見栄やプライドにとらわれることなく相手を受け入れる大きな器のチカラ」と定義しているが、この「素直力」が足りてない経営者は、次のような不都合を抱えていることが多い。

社員の報連相が少なくて困っている

どこの職場でもよく聞く「あの件、どうなった?」「進み具合はどう?」というフレーズ。自分から聞かないと情報収集ができずにイライラすることはないだろうか?社員の報連相が少ない理由は様々あるが、その原因が経営者の「素直力」ということが少なくない。「どうせ報連相しても、また余計な一言を言われるだけだし・・・黙っておこう」というようなケース。

会議はいつも社長の独演会

会議で誰もすすんで発言せず、終わってみたら経営者の独演会だった、というようなケース。なぜ、社員たちは発言しないのか?

「素直力」が不足している経営者は相手を認め、受け入れる心が狭い。自分と違う意見に対して「なるほど、そういう考え方もあるな」ではなく、その発言を途中で遮るように「私は、そう思わない」「君は分かっていない」「君は間違ってる!」と頭ごなしに反応してしまうので、どんどん周りは発言意欲を失っていく。

自分の理解者として安心できるのは側近の社員だけだ

側近は、本当の理解者だろうか?あなたの話に上手に合わせているだけということはないだろうか?「素直力」が不足している経営者は「YESマンを側近に置く」という傾向が強い。心情的には分かる。いちいち耳の痛い苦言を呈してくれる人より、もみ手をしながら「さすが社長!」って持ち上げてくれる人と一緒にいる方が心地いいから。

器の大きな経営者に学ぶ「素直力」、3つの大切な視点

素直な経営者には共通点がある。そのキーワードは「謙虚」「柔軟」「寛大」の3つ。もし「素直力」に課題を感じるのであれば、是非、この3つの視点について自問自答してみてほしい。

常に謙虚な経営者

まず最初は「謙虚」。「謙虚」とは「自分を偉いものと思わず、他に学ぶ姿勢」のことだ。

時々「俺様は社長だ!」「他の人たちとは違うんだ!」なんてオーラを出している経営者に出会うことがあるが、はっきり言ってカッコ悪い。

経営者が、謙虚さを失うと「どうせ、反論されるからあの人に言っても無駄だ」「自分が正しいと思い込んでるから、聞いてくれないよ」と周りはあきらめ始める。つまり「情報源」が細くなっていくのだ。ついには、自分にとって都合の良い情報しか入ってこなくなる。

それに対して、素直な経営者は、変な知ったかぶりなどはせず、わからないことや、疑問に思ったことは、相手が誰であっても「教えて!」と質問することができる。

また、自分が間違っていることに気付いたら、言い訳などせず、すぐに「ごめん!」と謝ることができる。

このように、謙虚な姿勢で「教えて!」と言える人、「ごめんなさい!」と言える人は好感度が高く、周りのサポートも多くなるので、常に新鮮な情報が入ってくるようにもなる。

素直な経営者には「常に謙虚」という共通点がある。

考え方が柔軟な経営者

2つ目のキーワードは「柔軟」。心のどこかで「自分は間違ってない!」と思い込んでいないだろうか?この思い込みがあると、せっかく大切な情報が入ってきても、スルーしたり、突き返したりしがちだ。同様に「過去の成功体験」を引きずっている人も、この「柔軟性」を失っていることが少なくない。

この記事を読んでくれている若い経営者は該当しないと思うが、年配の経営者にありがちな症状だ。この人たちからよく聞くフレーズが「最近の若い奴はおかしい」。自分の物差しありきで違う世代の人たちを評価してしまう。

柔軟な経営者なら「なるほど、最近の若い人たちは、そんな物差しで考えるんだ」と、いったん自分の物差しは横に置いて相手の物差しを理解しようと努力する。だから、「今という時代」に適応できるのだ。

素直な強い経営者には「考え方が柔軟」という共通点がある。

器の大きさを感じる寛大さ

そして3つ目のキーワードは「寛大」である。

「寛大」とは、簡単に言うと「心が広いこと」だ。人にはそれぞれの考え方があり、それが一致することもあれば、対立することもある。「寛大」でなければ、つまり、心が狭ければ違う考え方を持った人に対して「この人は考え方が間違ってる」と感じてしまう。しかし、素直な経営者なら「そういう考え方もあるのか」と、自分とは違う考え方をまずは理解しようとする姿勢を持っている。

「あなたの考え方は間違っている」と言い争うところには何も生まれない。お互いが双方の考え方を「選択肢」として理解し合うことが建設的なディスカッションのスタートラインだ。「自分の考え方・意見とは、違うけれど、あなたの考え方・意見は理解できる」という、受け入れる器大きながリーダーには大切なのだ。

素直な経営者には「器の大きさを感じる寛大な心」という共通点があるものだ。

以上のように、素直で器の大きな経営者には「変な壁」がないので、多くの支持者、協力者が集まり、応援してくれる人たちに囲まれている。

経営者として「素直であること」の幸福

経営者として「素直であること」とはどういう状態なのか?

  • 経営が順調な時も、そうでないときも常に謙虚な姿勢で
  • 何かに固執することなく柔軟に考え、行動し、
  • 異なる意見も選択肢として受け入れる器の大きさ
  • その素直さゆえに多くの支持者、協力者、応援者に囲まれながら会社を経営している状態

本質は「多くの支持者、協力者、応援者に囲まれること」を「幸福」と感じるか?である。これを「理想論」や「建前論」と感じてしまうならば残念ながら「想い通り経営」は実現できない。

「経営者の素直力」、「想い通り経営」に不可欠な「心」を高めるためのとても大切なチカラの一つである。

まとめ

以上、経営者の素直力「意地や見栄やプライドにとらわれることなく相手を受け入れる大きな器のチカラ」を紹介した。大切な視点は「謙虚」「柔軟」「寛大」である。

想い通り経営」を実現するための「経営者の心技体」の中でも、特に大切な「心」のチカラである。経営者の「考え方」が変われば「行動」が変わり、会社経営はあなたが望む「結果」に変わる。是非、参考にしてみてほしい。

お役に立ちますように!

【このブログについて】「若手経営者のための経営支援ブログ」