「経営者の活力」言葉と行動で周りを元気にするチカラ

この記事のポイント

活力」。調べてみると「活動を生み出す力。元気よく動いたり働いたりする力」と出てくる。

さて、あなたは「活力」に自信はあるだろうか?

「想い通り経営」に必要な「経営者の心技体」。

ここでは「体」の中でも特に大切な一つ「経営者の活力」について、その大切さを考えてみよう。

「活力」が下がっても他人に見せるな

想い通り経営は、経営者のベストコンディションが前提条件である。「心技体」の「体」、その中の大切な1つである「活力」は「活き活きとした良い印象で社内外の多くの人々を惹き寄せるチカラ」とボクは定義している。

多くの人は、活力を感じる人に集まる傾向がある。逆に言うと、活力を感じなければ人は集まらない。規模の大小はあっても経営者はチームのトップリーダーである。「人の上に立つ人」である。このリーダーに「活力」が不足していると、残念ながら、優良な取引先、優秀な社員が集まらない、という致命的なハンデを背負うことになる。

「自分は大丈夫!」と思っている人も、次のようなことがないか振り返ってみよう。

  • 朝に弱く、午前中は気分が乗らない
  • ついつい深酒してしまい二日酔いで出勤することがある
  • ついつい感情が表情に出てしまい、笑顔が少ない
  • 夏になると「暑い、暑い!」冬になると「寒い、寒い!」と不快感を表に出してしまう
  • 社員が見ているデスクでウトウトすることがある
  • 体調不良で遅刻、欠勤することがある

日頃、何でもないときは元気に過ごしていても、上記のような場面を見せることがあるなら、要注意である。

・・・とはいえ、朝、しんどいこともある、考え事をすることもある、暑いし、寒いし、眠たいし・・・人間だから当たり前であるが、ここで大切なのは「それを人に見せない」という意識だ。活力が低下した時でも「活力にあふれたトップリーダー」を演じてほしい。

言葉と行動で周りを元気にする経営者の「活力」、3つの大切な視点

では、具体的に「活力」は、どんな時に、どんな状態に感じることができるのだろうか?

「活力」を感じる経営者の共通点を考えてみよう。

そのキーワードは「ポジティブ」「タフネス」、そしてもう一つ「笑顔」の3つだ。もし「活力」に課題を感じるのであれば、是非、この視点について自問自答してみてみよう。

ポジティブ

ポジティブな経営者には「活力」を感じる。もともとの性格もあるだろうが、あえてポジティブを意識している人も多い。その意識とは「発言」だ。

周りの人たちが相手に「ポジティブ」を感じるのは「ポジティブな発言」によることが多い。逆に言えば「弱音」「言い訳」「否定形」が多い人にポジティブを感じない。もちろん、心の中はわからないが「活力」を感じる経営者は、チームのリーダーとしてネガティブな面を見せないように意識しているものだ。

「弱音」も吐きたいし、「言い訳」もある、「無理なことはムリ」と思っている・・・しかし、それらを吐き出したいときは、プライベートの友人や知り合い、家族に聞いてもらえばよい。「活力」を感じさせてくれる経営者は、あくまでもオンタイムにおいて取引先や、ましてや社員の前では決して発しない。

「活力」を感じさせてくれる経営者は、たとえ、それが表面的なことであったとしても「常にポジティブでいよう!」という意識を強く感じる。

タフネス

「活力」は言い換えれば「タフネス」だ。”toughness”、辞書には「堅いこと、丈夫なこと、頑丈、屈強、不屈」などと勇ましい言葉で説明してある。

「活力」を感じさせてくれる経営者と付き合っていて「あの社長、何を食べてるの?元気すぎる!」と思わず言葉を漏らすことがある。とにかく元気なのだ(少なくとも元気に見えるのだ)。もともと体力に自信がある経営者もいるだろうが、それはそれでそのための自己管理を徹底している、あるいは、そのような習慣を持っていることが多い。

ボクが30年以上お世話になっているある経営者は、もうすぐ80歳というのに今もとにかく元気だ。精力的に全国を飛び回っておられる。出会って間もない頃に聞いたことがある。「社長、なんで、そんなに元気なんですか?」当時50歳前後だったその経営者の答えは「絶対8時間以上寝る!」だった。数千人を率いるトップだったので、仕事は多忙を極めていたと思う。しかし「寝る」を最優先にしている、という話を聞いて「そういうことか」と妙に納得した覚えがある。

また、ボクが師事したある会計士先生もとにかく元気だった。数年間お世話になったが、先生の体調不良を見たことがない。夜のお付き合いや、接待営業はアクティブに毎日のように歓楽街に「出勤」されていたが、深酒はせず「門限=午前2時」を厳守されていた。ボクの「ダラダラ朝まで深酒」を強く反省したことも今となれば懐かしい思い出だ(笑)。

「タフネス」をキープするのは個人差があるだろう。しかし、このような「活力」を感じさせてくれる経営者の生活習慣や工夫の裏にはトップリーダーとしての強い責任感や自覚を感じる。

笑顔

最後に「笑顔」。説明はいらないだろう。体力も十分で、ポジティブでタフネスであっても「しかめっ面」であれば、せっかくの「活力」も伝わらない。上述したように「活力」とは「活き活きとした良い印象で社内外の多くの人々を惹き寄せるチカラ」である。「笑顔」が不可欠なのはご理解いただけるだろう。

まとめ

以上、経営者の活力「活き活きとした良い印象で社内外の多くの人々を惹き寄せるチカラ」を、ご紹介した。大切な視点は「ポジティブ」「タフネス」「笑顔」だ。

「活力」は「想い通り経営」を実現するための「経営者の心技体」のなかの大切な1つだ。経営者の「考え方」が変われば、「行動」が変わり、望ましい「結果」に変わる。

お役に立ちますように!

【このブログについて】「若手経営者のための経営支援ブログ」